日焼けをきちんと塗らなかった結果・・・

太陽光には人体に有害とされる紫外線が含まれ、ひどい日焼けともなれば救急病院での医療処置を必要とします。

そのダメージから皮膚を守るために作られたのが日焼け止めですが、それが必要ないと考える人もたくさんいるようです。

日常生活の中で全く日焼けをしたことがないという人はほぼいないと思われますが、日焼け止めを塗るのを怠ってかなりおかしな状態になってしまうこともあります。

ここではその教訓となる日焼けの例をご紹介します。

NEXT

ボウルとスプーン



きっとこんな何かオシャレなものでも屋外で食べていたのでしょう。
それは思わぬ日焼け痕を生むことになってしまったようです。
次のページで!