人類は過去100年間、膨大な資金、研究・技術の向上、そして知識の共有によって医療が大きな進歩を遂げました。

しかし、世の中にある珍しい病気は研究が進んでいないため、的確な治療法が無いこともあります。
ここでは、おそらく聞いたことがない、非常に珍しく奇妙な10の病気を紹介していきます。

1.エイリアンハンド症候群

エイリアンハンド症候群は、脳に影響を与える症候群の一つです。
苦しんでいる患者は自分の手を支配することができず、まるで別の生き物のような感覚を得ます。
これによって、自分の手が勝手に動き、私生活に多大な影響が出てしまいます。

この奇妙な症候群の原因は、てんかんや脳卒中の手術が手の動きを制御する脳の部分に影響を与えるからだと考えられており、残念ながら現在治療法はありません。
2.不思議の国のアリス症候群

不思議の国のアリスト症候群は、患者の脳が目から入る情報を的確に認識できない病気です。
これにより、物がとても大きく見えたり、逆にとても小さく見えたりしてしまいます。
悲惨なことに、この病気で苦しんでいる人が精神的に病むことも多いです。

この症候群は、片頭痛やてんかんを持っている人に良く起こります。
治療法は明確には決まっていませんが、幸いなことに成長するとともに症状が消えることが多いです。
3.ピカ

ピカは栄養が全くないものを無性に食べたくなる病気です。
患者は土、草、紙などを食べることが知られています。
うまく消化されないものなので、内部の器官に大きなダメージを与える危険性があり、さらに適切な栄養を得られていないので、ピ患者はしばしば栄養失調を起こすことがあります。

この病気は通常若いころから発症し、成長する中で症状が悪化していきます。
水に触れると湿疹ができてしまう

この病気の詳細は次のページ♪