ミイラは何年もの間、ハロウィーンスペシャルの悪役、低予算のホラー映画、ハリウッドの大ヒット映画などで活躍してきました。
しかし、ミイラについての真実を詳しく知っている人はほとんどいません。
中には、ハリウッド映画が思いつかないような奇妙なものもあります。

それでは、今まで語られていないミイラに関する真実を紹介していきます。

1.すべてのエジプト人がミイラ化されたわけではない

ミイラになることはすべてのエジプト人が経験できるものではなく、お金持ちしかできない高価なものでした。

最高級のミイラプランは、身体の徹底的な清掃、内臓の除去、そして防腐剤の注入などが含まれていました。
安価なプランもありましたが、それを選ぶことは社会的恥であり、先祖から呪われると信じられていました。

質の良いミイラになることは、古代エジプト人にとって目標だったのです。
2.死体を切る専門の仕事があった

古代エジプト人は、ミイラを作る過程において議論を起こしていました。
死後の世界に行くためには無傷の体でなければならず、たとえそれが死体であっても傷をつけることは厳しく禁止されていたのです。

そこで、エジプト人はスリッターという職業を作りました。
彼らの仕事は死体を切ることと、そして「逃げる」ことです。
なぜ逃げなければならなかったのかというと、死体を傷つけたことで刑罰を受けないようにするためです。
ナイフがうまく使えることと足が速いことが、フリッターになれる条件でした。
3.口が開いたミイラ

ミイラを作る過程の中には「口を開ける」という作業が含まれていました。
死体の口を開けておくことで、死後の世界でも呼吸ができるようにしていたのです。

また口を開けることによって、墓地を訪れた家族や友人が食べ物や飲み物をあげることもできました。
ミイラであるため、もはや体重を気にすることもありません。
ミイラを塗料として使った絵があった!?

詳細は次のページ♪