世にも恐ろしい残虐な殺人を犯したにもかかわらず、政府によって守られた7人の未成年殺人犯



未成年の殺人犯

殺人は常にショッキングで悲しい出来事ですが、特定の状況下ではさらに悲惨なものとなります。

特に、犯人が思いもよらぬ人物だったときは、メディアを騒がし、我々の記憶に何ヶ月も残り続けます。

未成年による殺人は、中でも衝撃的かつ議論を呼ぶトピックです。


殺人を犯した未成年が刑罰を受けるか受けないかはそのときの状況にもよります。

ときには、子供が自分より幼い子を偶然殺してしまうこともあります。

しかし、その子供が意図的に殺人を犯したのなら話は別です。

子供たちが善悪の判断ができたていたのかどうか、というのは常に議論に上がり、少年犯罪がどのように裁かれるかが問題に上がります。


さらにひどいのは、殺人を犯した未成年がときに特例的措置を取られたり、政府によって守られるということが起きることです。

幼いという理由で刑期を減らしたり、名前を非公開にしたり、刑務所から出るときに戸籍を変えることもあります。

無実の人々が守られるのは大切なことですが、未成年の犯罪者は匿名にし、被害者の名前は公開するということが頻繁に起きているのです。

それでは、政府によって守られている8人の未成年殺人犯を紹介します。

NEXT

ポール・ジンジャーリッチ



未成年とはいえ、小学校高学年にもなれば善悪の判断はつきます。
おまけに逃亡計画まで立てていたというのだから悪質ですが
結果的に彼らは割と短い年数で釈放される事になります。
次のページで!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *