恐怖症は非合理的なもので、無害なものに対してさえ恐怖することがあります。
恐怖症は、何か恐ろしいことを経験したときの記憶が起因していると考えられていますが、奇妙な恐怖症に関しては、何が原因で起こったものなのかわかりません。
しかし、その人の記憶と関係していることは確かでしょう。

それでは、実在する奇妙な恐怖症を紹介していきます。
1.姑恐怖症

冗談のように聞こえるかもしれませんが、これは実在しています。
人々は実際に義母の恐怖症を抱えることがあります。
この恐怖症を持つ人は、姑を前にすると過度に緊張してしまい、手に汗をかいたり、吐き気がしたり、さらにはパニック障害を起こすこともあります。
これは自分の母親に対する恥ずかしい思い出やトラウマが関係していると考えられています。
現代人はこの恐怖症が多い!
あなたも患っているかもしれない恐怖症の詳細は次のページ♪