ビデオゲーム黎明期以来、さまざまなゲーム機が発売されてきましたが、それと同時にさまざまなゲーム周辺機器が発売されてきました。
時代とともに消え去ったゲーム機が多くあるのと同時に、ゲーム周辺機器も誕生と消滅を繰り返してきました。

ここでは、今までに登場した最も使えないゲーム周辺機器を紹介していきます。
1.コナミのレーザースコープ

レーザースコープは、顔に着けて使うゲームコントローラで、まるでサイボーグになったかのような気分になれます。
しかし、プレイヤーは操作するためにスコープについているマイクに向かって叫ばなければならず、近所迷惑になるのは確実でしょう。
ゲームをする度に膨らませる必要がある周辺機器!?
絶対面倒くさくなって使わなくなるやつだw

使うまでが面倒すぎる周辺機器は次のページ♪