1.誕生日のケーキのせいで飛行機から降ろされた家族

src_10076595
誕生日のケーキは危険物でしょうか?ジェットブルーはそう思っています。

キャメロン・バーク、彼の妻、そして2人の子供たちは、妻の40歳の誕生日を祝うために2017年5月にニューヨークからラスベガスへ、バター・クリーム・ケーキを持って飛行機に乗りました。
飛行機に乗った後、彼らはケーキをどこに置くことができるかと聞きましたが、反対されてしまい、彼らは飛行機から降りました。

航空会社は、家族がそれを「不適当な」場所に置き、動かすのを拒否したと主張しているが、バーグは客室乗務員の指示に従ったと主張している。
港湾局職員が家「不正行為」ではないとした後でも、スタッフは彼らに飛行機から降りるように言いました。

家族のチケットとポイントは払い戻されましが、彼らの荷物はラスベガスに行き、別の家族によって収集されてしまいました。

ジェットブルーの意見と家族の意見は異なっており、航空会社に対して訴訟を提起する予定です。
2.ユナイテッド航空によって殺されたうさぎ

src_10076595
ユナイテッド航空のフライト後に死亡したサイモンという巨大なウサギの飼い主は、補償請求や外部からの捜査に応じず、輸送方法について再調査しない場合、運送業者に対して訴訟を起こすと言っています。

サイモンの飼い主の弁護士は、ロンドンからシカゴまでのフライト中に、3フィートの長さ(1メートル)のウサギが冷凍庫に16時間置かれて死亡したと考えています。
彼らはそのあと航空会社が無断で遺体を処分したと言っています。

ユナイテッド航空の代表、チャールズ・ホバートはサイモンが冷凍庫で亡くなったことを否定しました。
彼はまた、会社は調査を進めており、ペットを輸送する責任を負っていると述べました。

この声明では、飼い主がどれだけの損害賠償を求めているかは明らかにされていません。
父親が世界最大規模のウサギと考えられているサイモンは、父親のサイズを超えると予想されていました。
投資グループがイングランドのブリーダーから彼を買収し、米国に渡って8月にアイオワ州立博覧会で展示され、最終的に世界最大のウサギとして表彰される予定でした。
3.サソリが2回も現れたユナイテッド航空

Captive, Nebraska, USA
2017年5月、ユナイテッド航空の飛行機でサソリが乗客の袖を這っているところを発見して、乗客たちが避難しました。

救急医は乗客を診察し、彼が刺されていないと判断しました。
残りの乗客は、降りてヒューストンのジョージブッシュ空港からエクアドルのキトへの別の飛行に乗りました。

サソリ関連の事件がユナイテッド航空を襲ったのはこれで2回目です。
4月12日のフライトでは、客がサソリに刺されました。
医師は乗客にに命に影響はないと判断しましたが、カルガリーに到着したときに医者によって詳しい診察が行われました。
4.エア・カナダから降ろされた10歳の少年

src_10076595
コール・ドイル(10歳)は、定員越えのために家族から引き離されて、エア・カナダのフライトから降ろされました。

ドイルの両親は、休暇の前日にドイルが旅行に行けないことを知りました。
母のシャナは、彼女か夫がドイルために座席を譲れないか空港側に尋ねましたが、保証はできないと言われました。

ドイルのお父さんであるブレットは、昨年8月に家族旅行のためにプリンスエドワード島のシャーロットタウンからコスタリカまでの4枚のチケットを予約していました。
しかし、旅行の前夜、予約超過のため息子の座席を予約することができませんでした。

家族はニューブランズウィック州の別の空港まで2時間かけて向かいましが、それはキャンセルされ、今度はハリファックスへの2時間半かけて向かい、ノバスコシア州で彼らはホテルに一泊することとなりました。

エア・カナダは家族を補償することに同意し、予約超過を無くすことを約束しました。
5.幼児の座席をめぐる争いの後、追い出された家族

src_10076595
デルタ航空は、カリフォルニア州ハンティントンビーチに住むシェアーの2歳の息子が、飛行機に設置した幼児席に座れないことが判明し、追い出されました。
彼らは席から息子を離すことを拒否し、航空会社のスタッフは唯一の選択肢は刑務所だと言いました。

ブライアン・シェアーは「あなたは座席をあきらめなければならない、あるいは刑務所に行くだろう。あなたの妻は刑務所に行き、子供たちは引き離されるだろう」と言われ、彼は繰り返し航空会社のスタッフとセキュリティに「俺は料金を払ったんだぞ」と言いました。

航空会社の反応は、子供がそこに座ることは違法だということでした。
子供は誰かの膝に座らせなければ、家族は飛行機から降りなければなりませんでした。
しかし、デルタのウェブサイトは次のように述べています。
「2歳未満の子供の場合、航空機の座席を購入し、認可された子供用安全シートを使用することをお勧めします。」

シェアーは飛行機が離陸できるように息子を席から離すことに最終的に同意しましたが、デルタは家族が飛行機を自発的に降りるか、警察に護送されるかしなければならないと言いました。
彼が料金が払い戻されるかどうか尋ねると、デルタの従業員は彼にこう言いました。
「この時点で、これはあなた方の責任です。」

シェアーは2人の子供と一緒に空港に残され、ホテルの部屋を見つけなければならず、翌日、ユナイテッド航空で帰国するために2,000ドルを払わなければなりませんでした。
6.トイレを使った後に飛行機から降ろされた男

src_10076595
2017年4月、飛行機が離陸を待っているときに、トイレに行った男がデルタ航空の飛行機から追い出されました。

キマハミルトンは、機体の離陸を待っている長い時間座っていたので、トイレに行こうとしました。
しかし、客室乗務員は席を外したままだと飛行機が離陸できないと言いましたが、待っている時間は非常に長かったので我慢することができませんでした。

彼はトイレに行ったあと、飛行機は即座にゲートに戻ってデルタ航空の乗組員が飛行機に乗り込み彼を降ろしました。
ハミルトンは料金を払い戻されましたが、サウスウエスト航空からミルウォーキーへのフライトにその3倍の料金を支払うこととなりました。
7.ユナイテッド航空によって引き降ろされた医者

src_10076595
2017年4月、ユナイテッド航空の3411便で悲鳴を上げる69歳のデイビッド・ダオを引きずっている3人の空港警備員の映像が、航空会社に対して世界的な反発を起こしました。

ダオは、シカゴ・オヘア空港で離陸する前に強制的に飛行機から引き降ろされました。
ケンタッキー州ルイビルに向かう乗組員の座席が必要になると判明するまで、飛行機の予約を超過していませんでした。

手続きの後、ユナイテッド航空は座席を譲ってくれるボランティアを募集しました。
誰もボランティアがいなかったので、航空会社は4人の乗客を無作為に選んで降りてもらうことにしました。
医者のダオさんは翌朝、患者のもとへ行かなければならず、座席を譲ることを拒否しましたが、彼がセキュリティによって強制的に引きずられる映像が、近くの複数の乗客によって撮影されました。

ダオは歯を失い、飛行機から引きずられた結果、脳震盪を受けました。
ユナイテッド航空は、ダオからの訴訟を迅速かつ円滑に解決しました。
8.通路で争いを始めた乗客

src_10076595
飛行機で喧嘩を起こしたアメリカ人男性は、航空会社関係者を襲う罪で起訴されました。
争いのビデオはネット上に広がり、酔った赤いハワイアン風のシャツを着ている男性は、客室乗務員が止めようとする中で黒いTシャツの男を殴打しました。

争いはANAの6号線(NH6)で、成田国際空港からロサンゼルス国際空港へ11時間旅に出たボーイング777号機で発生しました。
成田の警察当局者、青井道彦氏は、男性はANA関係者に暴力を加え、額に傷をつけたため、飛行場から降ろしたと述べました。
9.猫の為に席から引き離された女性

src_10076595
ドナ・ウィーゲルはボルチモア発の3月4日の航空券を持って、シカゴ行きのフライトのためにゲートエリアで待っていましたが、別の乗客が猫と一緒に旅行をしている人を見つけました。
女性は「私には呼吸器系の問題や喘息が多く、猫が原因になることもあるため、離れなければなりません」と述べました。

ウィーゲルは直ちにスタッフに自分の健康問題について話し、できるだけ遠くに座っておく必要があると伝えました。
しかし、一度彼女が座席に座ると、猫がほんの少ししか離れていないことに気付きました。
彼女は猫を動かすように頼みましたが、航空会社はそれはできないと言いました。
彼女は新しい席を見つけましたが、すぐに3人以上の乗組員によって降ろされてしまいました。

乗組員は、彼女をそのまま留めることで医療事件が起こることを恐れていたと言いましたが、ウィーゲルはさらに苦しめられました。
さらに彼女は「そのとき完全にパニックで、発作が起こってしまいました。
」と述べました。

彼女は最終的にワシントン・ダレス空港に向かい、元の飛行機が離陸する予定の5時間後に別のユナイテッド航空に乗りました。
猫がウィーゲルより優先された理由はまだ分かりません。