【驚愕】中世の人々がやっていた非常に気持ち悪い文化12選

中世

中世は暗黒の時代と呼ばれており、
人々の生活は決して良いとは言えませんでした。

食べ物は奇妙なものばかりで、
公衆トイレもトイレットペーパーもなかったため、
道は排泄物であふれていました。


不衛生だったため多くの人が病気を患いましたが、
医学も発展していなかったので、
治療はほとんどできませんでした。

このような社会の中で彼らは、
当時は普通だったかもしれませんが、
今見れば非常に気持ち悪いことをしていたのです。
1.生きたカエルのパイを食べていた

中世では現代では考えられないような奇妙な料理が食べられていた!?

中世の食糧事情の詳細は次のページ♪

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *