src_10076595
1.ファッション産業を変えたアルビノの双子

src_10076595
ララ・バウアーとマラ・バウアーは普通のモデルではなく、その驚くような見た目はファッション産業に大きな影響を及ぼしました。
11歳の双子はブラジルのサンパウロ出身で、アルビノと呼ばれるメラニンの欠乏により肌が白くなる遺伝子疾患を持っていました。
2016年、スイスの写真家、ヴィニシウス・テラノヴァは彼女たちのその独特な姿に目を付けました。
彼はレア・フラワーズという個人企画で双子とアルビノを持っていない姉を撮影し、いかに多様性が美しいかを表しました。
それ以来、彼女たちは有名企業であるナイキ、インサニス、バザー・キッズのモデルとして活躍し、現在インスタグラムには7万人のフォロワーがいます。
2.新たなファッション用語を生み出した双子

src_10076595
ファッショナブル・ツインズとして知られるソフィア・オクリとソニア・オクリはネットで話題になっています。
スタイリッシュな彼女たちは最近インスタグラムで人々から知られるようになり、ファンたちの興奮はとどまるところを知りません。
彼女たちのコーディネートは新しいファッション用語である「ツイニング」という言葉を生み出したほどです。
3.オリンピックの双子マラソンランナー

src_10076595
アナ・ハーナーとリサ・ハーナーはドイツ人の双子マラソンランナーです。
二人ともリオオリンピックの決勝に出場し、3つある代表枠のうちの2つとして国を代表していました。
二人は手をつないで81位と82位でゴールしました。
4.双子のロックハープ奏者

src_10076595
ハープツインとして知られているカメリアとケネリーは双子のハープ奏者でアイアン・メイデン、オジー、ガンズアンドローズなどの楽曲をカバーしています。
彼女たちの動画はYouTubeで100万以上再生され、まったく同じ見た目の双子がハープを演奏し、ダンスする映像は奇妙なほどに素晴らしいものです。
5.アダルトな絵画を描く双子

src_10076595
ロンドンに住むアリー・カプランとレシー・カプランはカプラン・ツインズとして知られ、アダルトな絵画をアートとして広めました。
彼女たちはユーモアもあり、二人が一緒に寝たぬいぐるみを4万円でファンに売るという企画もやってのけました。
6.2つの国を代表する双子

src_10076595
ほとんどの兄弟は毎日のように喧嘩で戦うものです。
ですが彼女たちは国を超えて戦います。
モニカ・フロレスとサブリナ・フロレスはサッカーに熱中していました。
彼女たちは子供のころから必死に練習をし、それから数年後モニカはメキシコ代表として、サブリナはアメリカ代表としてジュニア・ワールドカップで戦うことになったのです。
二人は一緒にサッカーの道に進み、13歳からナショナルチームに所属しました。
2年後、事態が急変しました。
モニカは上位チームで練習を続けましたが、サブリナはナショナルチームから外されると、他の国で夢を追い続けようと決めたのです。
7.音楽業界に旋風を巻き起こした双子DJ

src_10076595
ブリジットとジェイミーはまだスタートを切ったばかりです。
彼女たちのDJプレイは観客を大いに魅了しました。
2人は数年間DJとして活躍し、2016年に音楽事務所のスカム・アーティストと契約を結びました。
音楽ツアーを通してラスベガス、マイアミ、デンバーを訪れることで彼女たちはスキルと自信をつけていきました。
現在、二人は独立音楽ブランドを立ち上げる予定だそうです。
8.ニューヨークのセクシーツインズ

src_10076595
シャネイド・クレモントとシャノン・クレモントはクレモントツインズとして知られています。
バッド・ガール・クラブというテレビシリーズの14シーズン目に登場し、人気ラッパーのフューチャーの「Real Sisters」のPVに出演して以来、人気を獲得していきました。
セクシーな双子モデルとして、これからさらに活躍の場を増やしていくことでしょう。