動物に育てられた子供たち9選

images
ジャングルブックを読んだり映画で見たりして、
こんなことあり得ないと思ったことありますか?

そうですね。あなたの考えは、ほぼ当たりです。

動物は言語を使えませんしね。

ところが、人間の子供が動物と生活したり、育てられたりした例は、
実際は、考えてるよりも多いようです。

それは、猫や犬からサルやヤギまで。

人間ではない友達に助けられ、生き延びた子供たちにきっと驚くでしょう。

1.ダチョウに育てられた少年

images
もし子供の時に砂漠で迷子になったら、
“もう終わりだ”と思いますよね。

安心してください。
20世紀初めに、当時2歳だったハダラ君が、
サハラ砂漠で両親と離れてしまったのです。

しかし信じられないことに、
この子は、ダチョウに助けられたのです。

動物が人間を育てるなんて、想像つかないでしょう。

報告によるとハダラくんは、足長鳥の家族と10年間、一緒だったのです。

12歳の時に発見され、再び人間の社会に戻りました。

その後、彼は結婚し、夢のようなストーリを伝えました。
2.我々はサルである

images
霊長類が人間を育てるストーリーは、昔からあります。

例えばターザンとかね。

当時2歳だった、ジョン・サセブニヤ君は、
母親が父親に殺されるところを見てしまいました。

彼は怖くなって、ウガンダの森に逃げたのです。

ベルベット・モンキーの集団が、逃げ込んだ彼を仲間として引き取るまで、
その場所は、生存者の望みは薄いように思えました。

サセブニア君は、3年間、新しい家族と過ごしました。

モンキーたちは、彼にジャングルで生き延びる手段を教えました。

その3年後に発見され、人間の社会に戻りました。

そのときは、生ものを食べたがり、歩くことも忘れていました。
3.犬の生活

images
犬は人間のベストフレンドだと言う人がいます

イヴァン・ミシュコフの例を見ると、
本当のことであると納得できます。

ミシュコフ君は、わずか4歳の時に家出をしました。

もし野良犬の集団に出会わなければ、彼は生きられなかったでしょう。

モスクワで少年は、すぐに犬たちのリーダーになりました。

彼も物乞い上手な一匹?だったからです。

そのお礼で、犬たちはミシュコフ君を守り、
寒い夜の間は、暖かくしてあげました。

2年後に彼が、道を歩いていたところ、警察に保護されました。

その後、人間とコミュニケーションを取れるようにするため、
再び勉強をしなければなりませんでした。
4.オオカミ少年

images
インド人の農場主が、旅をしていたところ、
異様な光景を見つけました。

森の中で、幼い少年が四つん這いで歩き、
仲間の赤ちゃんオオカミと遊んでいたのです。

跡をたどり、農場主は彼を保護し近くの村に連れて帰りました。

シャンディオという名前であること以外は、
ほとんどこの少年のことは知られていません。

歯は鋭くとがり、爪も長く曲がり、引っかき傷もありました。
そして手や膝は硬くなっていました。

そのためシャンディオは、
森の中でオオカミに育てられたと信じられています。

彼は1985年に亡くなるまで、生肉や骨を好んで食べました。

唯一のコミュニケーション手段は、
とても簡単な合図を手でやり取りすることでした。
6.マリーナとサルたち

images
当時4歳だったマリーナ・チャップマンは、
報告によると、家から連れ去られたそうです。

その結果、彼女は森の中に置き去りにされました。

数年間、自力で生きていましたが、それだけではありませんでした。

実はオマキザルの集団に育てられていたのです。

マリーナは、サルの動きを観察し
食べるものや仕草をマネたおかげで生き延びることができたのです。

サルは彼女を仲間の一員として、
ベリーやバナナを木から落として

すぐ食べられるようにしてあげていました。

医療関係者たちが、彼女の話の証人となっても、

多くの人々が、信じがたい話だと思ったのは、
ストーリーがあまりにも、ディズニー映画と酷似していたからです。
7.ヤギ少年

images
彼は幼い頃、山に捨てられました。

ダニエルという名前であること以外は、
この少年のことは、ほとんど分かりません。

幸い、野生のペルーヤギの群れと偶然出会い
8年間、生活を共にしました。

ダニエルの生活は、ベリーを食べたり、
メスヤギの乳を飲んでいたと言われています。

1990年に登山家たちに発見された時は、
12歳でしたが、話すことも二足歩行もできませんでした。

興味深いのは、研究者が言うには、
ダニエルは、ヤギとのコミュニケーション手段には
長けていたそうです。
8.猫

3171602b5a739338540e21b38d25df4d-830x460
猫が人間を育てるとは思えませんよね。

しかし実際に、1件だけそのような事例があるのです。

アルゼンチンで、当局が偶然、ある少年に出会いました。

その少年は、野良猫の集団と暮らしていたのです。

1歳児のその子が、どのくらい路上生活をしていたかは、誰も知りません。

しかし8匹の猫のおかげで、おそらく生きていたようです。

伝えられるところによると、猫が残飯を与え、

少年の体を舐めてや
夜は寒くないように丸く囲って暖めてくれたようです。

この“猫少年”の話は、信じてもらえるでしょうか?
9.ベローとチンパンジー

images
ナイジェリアのチンパンジー少年として知られる
ベローは精神と身体の障害を持っていました。

その結果、たった6ヶ月で、親に山に置き去りにされたのです。

1996年に、大勢の人たちが偶然、小さい子供を発見しました。

その子は、ナイジェリアの森で、
チンパンジーの集団と生活していたのです。

ベローは霊長類に育てられていたのです。

しかし、幼い頃から野生で生活していたので、
行動もチンパンジーのようでした。

2005年になくなるまで、
この少年はずっと、森の生活で学んだ動きや音を出していました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *