狂ったようにテレビゲームにハマった結果死亡した12人の若きプレイヤー



テレビゲーム


テレビゲームは座ってプレイする不健康なものでしたが、最近ではプレイステーション・ムーブ、Xbox 360 Kinect、任天堂Wiiなど、プレイヤーに運動をさせるようなものも出てきています。

またバーチャルリアリティヘッドセットは、ゲーマーを新しい世界に連れ出し、さらに長時間のプレイを誘うようになりました。

ゲーム中毒はしばしば冗談として扱われますが、悲惨な死亡事故につながる可能性もあります。

基本的には安全な趣味であることは間違いありませんが、自分の限界を知るということは重要です。

それでは、実際にゲームをしていて死亡した人たちのエピソードに触れてみましょう。

ガブリエル・カヴァレンス・カルネイロ・レイオ

歩きスマホは世界中で危険だと言われていますがなかなかいなくなりません。
特にゲームという比較的のめり込んでしまうものをやっていると
周りが見えなくなってしまい彼のような目に遭う事もあります。
次のページで!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *