鉄の肺(Iron Lung)


現在では完全に廃れてしまいましたが、かつて"鉄の肺"ポリオ患者たちにとって無くてはならないものでした。

空気を吸入してタンク内の圧力を下げ、負圧呼吸の仕組みを使って人工的に呼吸をさせます。

1928年に初めて使用され、使用開始から1分以内に患者の呼吸が劇的に改善したことでその人気が急上昇し、世界各地の病院に普及しました。

そんな、鉄の肺や鉄の肺を使用していた患者たちについての12のお話をご紹介します。

NEXT

"鉄の肺"の中で食事



例え病院に入院している人だとしても、
現在は食事を摂る時は上体を起こして腰かけた形で行えます。
しかし、鉄の肺を必要とする人たちはそういうわけにはいきませんでした。
次のページで!