CATEGORY 事故

ランキング

歴史的な原発事故の起きた”チェルノブイリ”で発見された、ゾッとする恐ろしく奇妙なもの12選

チェルノブイリ原子力発電所事故 チェルノブイリ事故は、歴史上で最大の原子力発電所の爆破事故でした。 当時のソ連は被害の詳細を報告しなかったためさまざまなことは不明瞭ですが、科学者たちは少なくとも10万人が1986年に起きたこの事故で死亡したと考えています。 非常に壊滅的な事故ではありましたが、チェルノブイリは当時のソ連がそのままの状態で残っている場所であり、さまざまな奇妙なものが発見される場所でもあるのです。 NEXT 廃墟となった遊園地 この遊園地は、いろんな人が訪れていろんな笑顔が溢れるはずでした。 しかしそんな景色を見る事はなく・・・ 次のページで!

ランキング

水じゃなくても○○で溺れ死ぬ!世界中で起きた意外な”液体”による人々の溺死事件10選

溺死 溺死は事故死の中で3番目に多い死因です。 一般的な溺死はプールや海の中で起こりますが、世界には水以外の液体によって起こる溺死も存在するのです。 ここで紹介している事例は非常に珍しいですが、どれも水よりも恐ろしいです。 NEXT ペンキ ペンキってわかる通り、サラサラではないですよね。 液体だけどドロッとしたペンキ・・・それが最終的に命を奪いました。 次のページで!

事故

Photoshopの加工があまりに雑過ぎる!手抜き過ぎて物理的にいろいろおかしくなってる写真27選

Photoshop職人 Photoshopは今や誰もが知っている通り優秀な機能が備わった素晴らしいツールです。 今一般的によく知られているのは加工技術だと思いますが、それらは元々の写真から大きく変わっているにもかかわらず実にリアルで美しい仕上がりになります。 けれど結局それらは全て人間の手によって動かされ、形になるものです。 人間誰しもミスをするときはあるものなので、いくら優秀なツールを使っていようともそのミスひとつで台無しになる事もあります。 そこで、今回はミスなのか適当なのか・・・明らかにおかしな編集をされたまま世に出た写真たちを見て頂きましょう。 あまりに仕事が適当すぎませんか? と言いたくなる加工写真が盛りだくさん。 ミスなのか、適当な仕事ぶりなのか… どちらにせよその仕上がりは酷いです。 次のページで!

事故

料理をさせてはいけない人たちに任せた結果、あまりにも悲惨すぎる光景となったキッチン写真30枚

家のキッチンで料理をすること 家で料理をする人しない人、いるでしょう。 料理をするにしても、元から備わったセンスもあったりするでしょう。 けれど、経験が少ないにしても料理に関係なく「アレをやったらいけない」「コレをやったらこうなってしまう」と想定する事はある程度出来るはずです。 しかしそんな事も想定出来なかったのか、そもそも知らないのか・・・ 「絶対にこの人に料理をさせてはいけない」と思わせる悲惨な姿にさせる人々が存在します。 もし恋人・家族がこれらの写真の様な ミスをしていたとしたら、きっと あなたはその人をひとりでキッチンには 入れなくなるでしょうね・・・ 次のページで!

事故

誰もが「やっちまったな…」と同情する、ツイてなさすぎる人々の不運な事後の写真27枚

不運すぎて悲惨すぎる状況 「あ~なんてこった…こりゃやっちまったなぁ…」 どこからともなくそんな声の聞こえてきそうな不運に見舞われた事はありますか? 無いに越したことはないですが、世の中にはその場を一瞬見ただけで「これは酷い」と同情される事態がたくさん起きています。 今回は、そんなたった1枚だけでもその悲惨さ・不運さが伝わって来るドンマイすぎる写真を見て行きましょう。 これから見る写真の数々はきっと どれも「もし自分の身に起きたら」 と考えると悲惨だとしか思えません。 ツイてなさ過ぎた彼らに同情です… 次のページで!

事故

チェルノブイリ原発事故から約30年。ゴーストタウンと化したプリピャチの街を捉えた写真30枚

1986年4月26日1時23分チェルノブイリ原発事故発生 今から31年とちょっと前、旧ソビエト連邦(現在のウクライナ)で発生したのが『チェルノブイリ原子力発電所事故』でした。 爆発はチェルノブイリ原子力発電所4号炉で発生。 この写真がまさにその場所です。 皆さんご存知の通り、原発事故というのは恐ろしいものです。 恐ろしい程の被災者を出し、その後も続く放射能の影響というのは非常に大きなものでした。 その大地も当然放射能に汚染され、帰りたくても帰れない・・・ 今回は、この現場から半径5km以内にあるゴーストタウンと化したプリピャチの30年後の写真をご覧いただきましょう。 日本は福島原発の事もあり、 決して他人事ではない原発事故。 そしてそんな事故が実際に起きた チェルノブイリの30年後の姿は… 次のページで!

ランキング

海の生き物に襲われ重傷を負った人から無残な死を遂げた人まで…海の恐ろしさを知る恐怖の12の事故

海に潜む危険性 海は地球の表面の約70%を占めていますが、私たちが海について知っているのはその5%ほどに過ぎません。 海には恐ろしい生き物たちがひしめいており、想像よりもかなり危険な状態となっています。 毎年のように多くの怪我や死亡事故の原因となっているサメなどだけではなく、非常に毒性の強いハコクラゲなど、小さな生き物も致命的な被害をもたらすこともあります。 事故の中には避けられないものもありますが、安全に気をつければ回避できるケースもあります。 ここでは、海の生き物が人間を襲った最悪のケースを紹介します。 NEXT スナノミに襲われたオーストラリアのティーンエイジャー スナというだけあってその体調は成虫で1mmほどの小さなノミ。 けれどそれがある少年に牙をむいて結構なケガを負う事になったのです。 次のページで!

事故

「どうしてこんな事に!?」思わず混乱した、まったく状況が理解できないおかしな光景30選

まったく状況がつかめない光景 人は生きていれば予期せぬ出来事に遭遇しますが、とはいえちょっと理解の追い付かない状況が目の前に飛び込んでくることもあります。 「どうしてそんな事になってしまったのか?」と無駄に頭を悩ませずにはいられない、そんな瞬間を撮影した写真が世の中にはたくさん存在します。 これからそんな風に誰もが理解できないと思った写真を30枚ご覧いただきましょう。 意味はわかるっちゃわかるけど でもどうしてそうなったか理解不能… そんな事もありますよね。 ここではひたすらそんな状況が続きます。 次のページで!

事故

“美”を追及した結果「前の方が良かった」と言われた整形人間の驚愕のBefore&After写真24枚

美容整形 今やプチ美容整形なんてものもあり、少し顔に何かを注入したりメスを入れたりする事はそんなに特別な事ではなくなってきました。 『整形』に関して肯定派か否定派かは人それぞれだとは思いますが、少なくともその整形で人生を前向きに生きられる人がいる事は現実です。 整形に臨む人は皆、己の美を追及して現実のものに使用とお金を費やします。 けれど、「果たしてそれは整形して正解だったのだろうか?」と思わざるを得ない容姿になってしまった人もいます。 これからそんな人々の整形前・整形後の写真をご覧いただきます。 美容整形は安いものではありません。 とくにここに載っている人たちは 相当なお金を費やしたと思いますが、その変貌は… 次のページで!

事故

メキシコM7.1の地震の救助活動に参加した日本の救援部隊 19歳少女の遺体を発見し黙祷する姿に現地民が心打たれる(※動画あり)

日本には様々な相手に対して敬礼したり黙祷したりするが、そんな日本人の精神は時に海外でニュースに取り上げられるほどに心揺さぶる出来事となる。 先日起きたメキシコのマグニチュード7.1の地震。 多くの被害を受けた現地には、日本人の救助チームも参加している。 そして22日、日本人チームが救助に励んでいた現場にて若き少女の遺体が発見された。 その時の日本人チームの様子が現地で少し話題になっていたので取り上げたい。 国が違えば文化が違う。 その中で海外の人々が日本救助隊の 何を見てどうに思ったのか… 悲しき被害に直面した彼らの行動とは。次のページへ⇒