CATEGORY 事故

事故

チェルノブイリ原発事故から約30年。ゴーストタウンと化したプリピャチの街を捉えた写真30枚

1986年4月26日1時23分チェルノブイリ原発事故発生 今から31年とちょっと前、旧ソビエト連邦(現在のウクライナ)で発生したのが『チェルノブイリ原子力発電所事故』でした。 爆発はチェルノブイリ原子力発電所4号炉で発生。 この写真がまさにその場所です。 皆さんご存知の通り、原発事故というのは恐ろしいものです。 恐ろしい程の被災者を出し、その後も続く放射能の影響というのは非常に大きなものでした。 その大地も当然放射能に汚染され、帰りたくても帰れない・・・ 今回は、この現場から半径5km以内にあるゴーストタウンと化したプリピャチの30年後の写真をご覧いただきましょう。 日本は福島原発の事もあり、 決して他人事ではない原発事故。 そしてそんな事故が実際に起きた チェルノブイリの30年後の姿は… 次のページで!

ランキング

海の生き物に襲われ重傷を負った人から無残な死を遂げた人まで…海の恐ろしさを知る恐怖の12の事故

海に潜む危険性 海は地球の表面の約70%を占めていますが、私たちが海について知っているのはその5%ほどに過ぎません。 海には恐ろしい生き物たちがひしめいており、想像よりもかなり危険な状態となっています。 毎年のように多くの怪我や死亡事故の原因となっているサメなどだけではなく、非常に毒性の強いハコクラゲなど、小さな生き物も致命的な被害をもたらすこともあります。 事故の中には避けられないものもありますが、安全に気をつければ回避できるケースもあります。 ここでは、海の生き物が人間を襲った最悪のケースを紹介します。 NEXT スナノミに襲われたオーストラリアのティーンエイジャー スナというだけあってその体調は成虫で1mmほどの小さなノミ。 けれどそれがある少年に牙をむいて結構なケガを負う事になったのです。 次のページで!

事故

「どうしてこんな事に!?」思わず混乱した、まったく状況が理解できないおかしな光景30選

まったく状況がつかめない光景 人は生きていれば予期せぬ出来事に遭遇しますが、とはいえちょっと理解の追い付かない状況が目の前に飛び込んでくることもあります。 「どうしてそんな事になってしまったのか?」と無駄に頭を悩ませずにはいられない、そんな瞬間を撮影した写真が世の中にはたくさん存在します。 これからそんな風に誰もが理解できないと思った写真を30枚ご覧いただきましょう。 意味はわかるっちゃわかるけど でもどうしてそうなったか理解不能… そんな事もありますよね。 ここではひたすらそんな状況が続きます。 次のページで!

事故

“美”を追及した結果「前の方が良かった」と言われた整形人間の驚愕のBefore&After写真24枚

美容整形 今やプチ美容整形なんてものもあり、少し顔に何かを注入したりメスを入れたりする事はそんなに特別な事ではなくなってきました。 『整形』に関して肯定派か否定派かは人それぞれだとは思いますが、少なくともその整形で人生を前向きに生きられる人がいる事は現実です。 整形に臨む人は皆、己の美を追及して現実のものに使用とお金を費やします。 けれど、「果たしてそれは整形して正解だったのだろうか?」と思わざるを得ない容姿になってしまった人もいます。 これからそんな人々の整形前・整形後の写真をご覧いただきます。 美容整形は安いものではありません。 とくにここに載っている人たちは 相当なお金を費やしたと思いますが、その変貌は… 次のページで!

事故

メキシコM7.1の地震の救助活動に参加した日本の救援部隊 19歳少女の遺体を発見し黙祷する姿に現地民が心打たれる(※動画あり)

日本には様々な相手に対して敬礼したり黙祷したりするが、そんな日本人の精神は時に海外でニュースに取り上げられるほどに心揺さぶる出来事となる。 先日起きたメキシコのマグニチュード7.1の地震。 多くの被害を受けた現地には、日本人の救助チームも参加している。 そして22日、日本人チームが救助に励んでいた現場にて若き少女の遺体が発見された。 その時の日本人チームの様子が現地で少し話題になっていたので取り上げたい。 国が違えば文化が違う。 その中で海外の人々が日本救助隊の 何を見てどうに思ったのか… 悲しき被害に直面した彼らの行動とは。次のページへ⇒

ランキング

偉大な発明と歴史を残しつつも、自らの発明品をきっかけに命を落とした12人の人々

自分の発明品によって命を落とした人 優秀な発明家が存在していなければ現在の私たちの生活はもはや成り立ちませんが、発明には失敗がつきものです。 完成した発明品を試験にかけ、危険がないかどうかを確かめるのは発明のプロセスの一部としてかなり重要ですが、十分な安全性を確保した上で試験を行い、それが終わって初めて発明は成功と言えるのではないでしょうか。 ここでは、自分の発明によって命を落とした発明家たちについて紹介しますが、設計上の欠陥がすべての死因というわけではなく、中には単なる不幸な事故も存在したということは補足しておきます。 NEXT トーマス・”タイタニック”・アンドリュース:自信過剰ゆえの死 この名前を見てピンとくる人は多い事でしょう。 彼もあの海底で発見されたタイタニック号の被害者の1人です。 彼の話に大勢が聞く耳を持っていたならば・・・結末は大きく違った事でしょう。 次のページで!

ランキング

世界中が恐怖した大勢の人の命を乗せた飛行機の恐ろしい事件・事故10選

飛行機事故 ライト兄弟が1903年に最初の飛行機を発明して以来、飛行機にまつわる事故や事件は後を絶ちません。 飛行機事故は飛行機の損傷を招くだけではなく、乗客や乗組員の死に直結します。 空中での衝突は”事故”に分類されますが、飛行中にコックピットの表示が消えてしまうような”事件”も存在し、いまだ多くの謎に包まれています。 NEXT ブロックレスビーでの空中事故 この写真が一体どういう状況かわかるでしょうか? 2基の飛行機が重なった状態なのです。 当然わざとではありません、事故でこんな事になったのです。 次のページで!

ランキング

「だから男の寿命は短いのか」と理解できる無茶なことばかりする男たち12人

男性は無茶をする 世界保健機関(WHO)はウェブサイトで「女性は男性よりも長寿である」という調査結果を発表しています。 遺伝子やホルモンが長寿と関係しているのではないかと言われていますが、答えはもっと単純です。 それは女性は男性のように無茶なことをしないからです。 それでは、無茶なことをして死にかけた男たちを紹介していきます。 無茶な電球交換 誰もが生きていく内に一度くらいやることがあるでしょう。 どの建物にも必要な電球ですが、安全にはしっかり配慮して行うべきです。 次のページで!

ランキング

体を張って競技大会中に挑み不幸にも命を落とした世界のチャレンジャーたち12人

競技大会 人々は常に競技大会に熱狂しており、その歴史は古代ローマのコロシアムにまで遡ることができるでしょう。 現代では、スポーツはもちろんさまざまな競技大会が開催されています。 大会は見る人を大いに楽しませますが、そのような場でもときに悲劇が起こってしまうのです。 それでは、競技大会中に死亡した人物を紹介していきます。 トラバース・マロフ なんだか優しそうな普通のお兄さんに見えますが 彼にはとある特技がありました。 それがキッカケで亡くなってしまうわけなのですが・・・ 次のページで!

ランキング

チェルノブイリ原発事故により放射能の影響を受け生きる幼き被害者たち12人

チェルノブイリの事故 1986年4月26日、チェルノブイリの原子力発電所で起こった事故は世界を一変させました。 広島と長崎への原爆投下以来、世界中の人々の関心事となった核の問題に新たな問題を投げかけたのです。 チェルノブイリの事故以降、繁栄していたウクライナは荒れ果てしまいましたが、メルトダウン時に放出された放射能は人体に影響を与え続け、30年以上が経過した今でも先天性の病気を持つ子どもたちが生まれています。 それでは、この事故の影響で今現在も病気と懸命に戦う子供たちをご紹介いたします。 胎児 まずはじめに。 その影響はすでに地上に生まれている人だけでなく、 まだ母親のお腹の中にいる赤ちゃんにまで影響を及ぼしました。 次のページで!