CATEGORY 海外

ランキング

【衝撃】日本では考えられない世界に存在する結婚式の奇妙な習慣11選

結婚式の準備は、ウェディングドレス、ケーキ、招待する人への手紙、会場の手配など多岐にわたっており、大変な作業です。 しかし、世界にはさまざまな結婚式があり、普通の結婚式よりもさらに大変な場合もあるのです。 1.丸太を切る 新婚カップルがウェディングケーキを切るのに対し、ドイツの新婚カップルは、結婚式で一緒に丸太を切るのが通例となっています。 この儀式は、この先2人が共に協力して生活することができるかを示すものなのです。 花嫁衣装でノコギリを握る姿が見られるのは、ここだけでしょう。 次の世界に存在する奇妙な結婚式の習慣は・・・ 花嫁にゴミや汚いものをかける!? そんな理由があっても嫌だな・・・ 花嫁に汚いものを掛ける習慣は次のページ♪

ランキング

最も犯罪発生率が少ない平和な国10選

世界は戦争、暴動、暴力であふれてあます。このようなことから身を守るために私たちは安全な場所を探さなければなりません。家族を安全に走らせることができます。しかし現代において、いったいどこにその「安全な国」はあるのでしょうか。 毎年GDPの数値が出るように、どれだけその国が平和か、ということを様々な観点から数値化し、ランキングにしている期間があります。これから紹介する国々は、このランキングで上位に位置する安全で最も犯罪発生率が少ない国です。 1.スウェーデン 北欧の自由主義国家、スウェーデンは地球上で最も安全な国の一つです。 2015年には、約1000万人の人口に対して、殺人事件はわずか90件でした。ちなみに、アメリカのデトロイトだけで、毎年90件以上の殺人事件が起きています。 しかし、完全に犯罪が起きないわけではなく、特にレイプの発生率はヨーロッパの中で最も多いです。ですが、これほどまで件数が多い理由は、スウェーデンにおいてレイプの定義が非常に広いからなのです。スウェーデンでは、少しでもセクハラのようなことをすればレイプと見なされています。 お次は音楽の都として有名なあの国! 詳細は次のページ♪

ランキング

世界の驚愕的な巨大彫像11選

世界各地にある彫像は、活躍した人への敬意を表したり、特別なイベントを記念するために建設されました。いくつかの彫像はシンプルで何を表しているのかわかりやすいですが、一方で奇妙な彫像も存在します。それでは、世界の驚愕的な巨大彫像を紹介していきます。 1.ロンドン・インク・スイマー タワーブリッジと市庁舎の間のテムズ川南岸にある芝生に、この水泳をしている人の彫像はあります。長さ14m、高さ3mで、ロンドン・インクというテレビ番組によって製作されました。 2.ルイーズ・ブルジョアの巨大蜘蛛 この巨大蜘蛛は高さが9mあり、ブロンズ、ステンレススチール、大理石でできています。ロンドンのテート・モダンという近現代美術館の外に立っており、95歳のルイーズ・ブルジョワによって建てられた6つある作品のうちの1つです。 宙に浮かぶ蛇口!? 奇妙すぎる面白彫像www 詳細は次のページ♪