CATEGORY 衝撃

ランキング

世界の若い億万長者トップ10

私たちは将来何になりたいかを考えるものです。科学、エンジニア、ライター、医師、俳優、ミュージシャンなど、なりたいと思うものはさまざまです。しかし、多くの人があるものになりたいと思っています、それは億万長者です。億万長者になることは人々にとって究極の目標なのです。この目標を達成するのに長い時間がかかる人もいれば、非常に早い時期に目標を達成する人もいます。このリストの中には、父親から財産を引き取った人もいますが、自分で一から富を築いた億万長者もいます。

ランキング

未成年犯罪者に科せられた最長の懲役トップ10

法律に従って子供に罰を科すという考え方は、たとえそれが憲法上正しいか否かにかかわらず、議論の余地があります。また、子供たちはアドレナリン全開の中で悪質な犯罪を行うため、それによって起こる後遺症で人生を崩壊させます。それでは、ここで未成年犯罪者に科せられた最長の懲役トップ10を紹介していきます。

ランキング

スマートフォンによって消えた身近なモノ10選

スマートフォンは私たちの社会を支配しています。その利便性はありとあらゆるものに取って代わり、スマートフォンの登場によって数多くのものが私たちの前から消え去りました。ここでは、そんな消え去ってしまったモノを紹介していきます。 1.電卓 計算機はもはや遠い過去の発明品です。スマートフォンの中に入っているものを誰がわざわざ買うでしょうか。電卓を売るという商売は、もはやアンティーク品を売ることと同意義なのです。 ちょっと前までみんな持ってたのに最近は見かけない! その製品とは・・・? 詳細は次のページ♪

ランキング

現実に存在する恐ろしいロボット10選

未来の自動化技術は、私たちを不安にするような可能性を持っています。最も実用的なレベルなれば、さまざまな仕事が自動化され、労働階級の人々に大きな影響を与えるでしょう。 さらに通常の仕事だけでなく、軍事用途にも使われるとされています。 しかし、いくらそれらのロボットが効率的で使いやすかったとしても、恐ろしく、今にも人を襲ってきそうな見た目をしていたらどうでしょうか。それでは、現実に存在する恐ろしいロボットたちを紹介していきます。

ランキング

10人の人身売買の最悪の国

人身売買は最も卑劣な犯罪の一つであり、悲劇的なものです。FBIは、それが3番目に大きい犯罪行為であると述べており、誰でも現代の奴隷制度である人身売買の被害者になる可能性があり、国連によれば被害者の約20%は子供です。それはまた世界的な問題であり、世界の国々が影響を受けています。 毎年米国司法省によって発行される人身売買報告書(TIP)では、3段階の評価で人身売買を行っている国を調査しており、最悪の国は、「政府が最低基準を完全に満たしておらず、それを改善しようとする努力をしていない国」であるランク3です。これから紹介する国々は、すべてがこのランク3に位置しています。

ランキング

フォトショップ加工の恥ずかしすぎる大失敗9選

完璧な体の写真を撮りたいのであれば、フォトショップを利用するべきです。フォトショップによって、あなたの理想の体をいくらでも作ることができます。 しかし、多くの人はフォトショップでうまく加工することができず、写真をよく見ると加工されていることがはっきりとわかるものもあります。特に有名人は自分で写真を加工することが多いため、すぐに加工がバレて周りから批判を受けることがありますが、それでも彼らは写真を加工し続けます。 他には、グラフィックデザイナーがあるものを追加したり削除するのを忘れた写真などもあります。いずれにしても、どの写真もおかしなものになっています。 ビヨンセの恥ずかしい加工ミスw ファンに指摘されて削除したこの写真! 詳細は次のページ♪

ランキング

空港に閉じ込められ生活することになった人達10選

空港は本来住む場所ではありませんが、そこに閉じ込められざるを得ない状況に置かれる人たちがたびたびいます。書類の審査が通るまで待たなければいけない人や、どこにも行く当てが無い人などさまざまですが、数週間、数ヶ月、ときには数年間も空港に宿泊しなければなりません。 1.ザハラ・カマルファル ザハラ・カマルファルと夫は2004年にイラン政府に対する抗議に参加したことで逮捕されました。 2年後、夫が処刑されたため、カマルファルは子供たちと一緒にイランから逃亡することに決めました。彼女は偽のパスポートで弟が住んでいるカナダへ行くつもりでしたが、ドイツの空港でそれが偽物だと判明し、家族は空港のラウンジへと移され、空港から出ることができなくなってしまいました。カマルファルたちは床で寝て、旅行者から食べ物を恵んでもらうことで生活し続け、ついに10ヶ月後、国連から難民認定が降り、家族は無事カナダへ移住しました。 海外旅行に行ったらビザが切れていて空港から出られなくなった!? 詳細は次のページ♪