CATEGORY 衝撃

ランキング

恐ろしいほど巨大なシンクホール8選

シンクホールは私たちが住んでいるこの驚くべき惑星の中で、最も興味深い特徴の一つです。それは私たちを驚かせ、不思議を刺激し、都市全体を呑み込む力を持っています。シンクホールは、この惑星が私たちが思っているほど住みやすい惑星ではないということを常に思い出させています。つまり自然は猛烈、でときに残酷なものになり、人間が今日作ることができる如何なるものよりも強力だということです。私たちは、これらの巨大なシンクホールから、私たちがどんなに高い技術で進んだ都市を建設しても、地球の激しい深みに呑み込まれて崩れ落ちる可能性があることを学ぶことができるでしょう。 しかし、そもそもシンクホールとはなんなのでしょうか。それは基本的に、地球の大気の崩壊によって地面に穴が開いたものですが、この巨大な地質学的特徴は単なる穴ではありません。これらのシンクホールの中で最も印象的なものは、驚異的大きさとその深さです。人間の手でもシンクホールを作り出すことができ、それは人工シンクホールと呼ばれます。これは鉱業やその他の掘削作業によって、ときどき引き起こされるものです。

ランキング

大学キャンパス内で起きた最悪の事件8選

大学キャンパスでの暴力沙汰について知るには、LAW & ORDER:性犯罪特捜班というドラマを見て学ぶことができます。番組では、架空の大学であるハドソン大学で性的暴行や殺人(あるいはその両方)がすべてのエピソードで起こります。刑事のベンソンやリチャード・ベルゼルなどが詳細を調査しますが、学校側はデモを起こします。キャンパス警察はこの事件について討論することを拒否し、学部長は問題を内部的に処理するために戦い、学校のカウンセラーと学生補佐官は医者と患者の機密保持を主張します。多くの召喚状や良心の危機ののち、加害者が逮捕されハドソン大学の評判が汚される、というエピソードです。 番組は陽気でしばしばばかげているが、少しだけ真実が描かれています。大学には、評判を守りたいという欲求があり、学内で起きた性的暴行を内密に仲裁し、ラクロス選手や学友会に入っている学生に対しては軽い罰しか与えません。しかし、メディアによって報道された犯罪は隠し通すことなどできません。学内での銃撃事件は必然的に報道され、メンタルヘルスケアと銃規制の問題は政治の最前線に再び浮上しています。性的虐待は、いじめ関連の事件と同様に、議論を呼びます。 メディアは事件を誇張して取り上げがちですが、キャンパスでの恐ろしい事件は数が多く、報道しきれません。それでは、これから歴史として残り続けるであろうキャンパス内での事件を紹介します。

ランキング

信じられないほど厳しい10の学校

学校、好きであれ嫌いであれ我々は人生の何年かをここで過ごします。退学する人も、高校を卒業する人も、大学で単位取得に励む人もいますが、学校はいくつかの校則を運営のために作っています。しかし、時にその校則はとんでもないものになってしまうのです。それでは、ここで世界に存在する最も厳しい校則を持つ10の学校を紹介していきます。

ランキング

世界の不思議な隠れ家10選

1.三角形の隠れ家 アメリカのテキサス州にあるこの三角形の家はバーシー・チェン・スタジオがデザインしたもので、地面に直接設置され周りは芝生に覆われています。冬はとても暖かく、夏も涼しく、なにより道行く人から見られる心配がありません! 家には小さなプールも設置されており、地熱を利用したサーマルマスという効果によって暖かさと涼しさを保つことができるのです。

ランキング

ステージ上で亡くなったマジシャンたち10選

今までにマジックショーを見たことがない人はなかなかいないでしょう。カードを使ったマジックであったり、消失マジックであったり、不可能な状況からの脱出マジックなどさまざまです。ほとんどのマジックは命をおびやかすようなものではありません。特にテレビ番組中に何か問題が起きてしまえば、法的に裁かれてしまうからです。ですが、中にはマジックショーに大衆の前で命を落としてしまったマジシャンたちもいます。

ランキング

34mのレゴタワーから世界最大のレゴ作品まで。超巨大なレゴ作品10選

小さなパトカーから『スターウォーズ』に登場する宇宙船、ミレニアムファルコンまで自分のオリジナルレゴ作品を作ったことがある人はあまりいないでしょう。ときには何時間も集中し、何千ものパーツから的確なものを探さなければなりませんが、作品が完成すればその疲れは消え去り、喜びと誇りを感じることでしょう。 子供の時にサンタさんからもらったレゴで城を組み立てたときは、自分を誇らしく思い、みんなに見せにいったものです。しかし、レゴは城だけでなくどんなものでも作れると言ったらどうでしょう。多くの大人はレゴは子供のおもちゃだと感じているようにみえますが、中には創作力を注ぎ込んで超巨大なレゴ作品を作る人がいるのです。 ただ一つ確かなのは、これから紹介する作品を作った人たちは、建築家などではないということです。もし真似して作ってみようと思ったのなら気をつけてください。重さは車以上、そして高さは普通の家よりもあります。中には自分の家をレゴで作った人もいるほどです。