CATEGORY 雑学

ランキング

ズボンにフェレット入れて戦う??一部から絶大な人気を誇る世界の謎すぎる奇妙なスポーツ10選

世界の奇妙なスポーツ 有名なスポーツは世界中に選手とファンがいます。 しかし、世界にはまだほとんどの人が知らないようなスポーツが存在するのです。 それらのほとんどが奇妙で信じられないようなものばかりですが、年々人気は増してきています。 それでは、世界の最も奇妙なスポーツを紹介していきます。 NEXT 水中ホッケー 非常に観客も多いこのスポーツ。 文字通りで想像もしやすいかとは思いますが、 それらを見る方の楽しさは”?”です。 次のページで!

ランキング

【奇妙】世界で儀式や罪人への戒めとして使われていた恐ろしく不気味なマスク・ヘルメット11選

顔を隠すもの 顔を隠すという行為はどこか恐ろしいものがあります。 世界には顔を隠すためのさまざまなマスクやヘルメットが存在し、それらを作るには努力と時間を要しています。 作った理由が悪意のあるものでないにしても、これから紹介する11のマスクとヘルメットは歴史上で最も恐ろしいものと言えるでしょう。 NEXT キャピロート 現在では懺悔をする際に用いるらしいとあるマスク。 懺悔というくらいなので悪い事をした人、 つまりは罪人に着けるためのそのマスクは恐ろしい姿でした。 次のページで!

ランキング

○○の国ではそんなことも出来ないの!?日本の常識では考えられない法的に禁止されてるもの8選

禁止されている物 世の中にはやってもいいこととやってはいけないことがあります。 禁止する理由が理にかなっていれば全く問題ありませんが、世界にはなぜ?というものが禁止されていたりもするのです。 世界には変なものを禁止にしている国がいくつもありますが、その国にとっては当然のことだったりします。 それでは、世界で禁止されている変なものを紹介していきます。 NEXT ギリシャ:テレビゲーム 日本では今では皆当たり前に遊んでいるテレビゲーム。 ですが、国としてそれを全面的に禁止しているなんて考えられますか? 次のページで!

ランキング

“ペットボトルの水”って価値ある?世界基準で見るミネラルウォーターに隠された5つの事実

ペットボトルのミネラルウォーター ボトル入り飲料水の歴史は1622年にまでさかのぼり、イギリスのマルヴァンの湧き水をボトル入れて販売したのが始まりでした。 過去30年間で、ボトル入り飲料水の消費量は劇的に増加し、平均的なアメリカ人は毎年110リットルのボトル入り飲料水を消費しています。 しかし、ボトル入り飲料水は実際に余分な費用をかけるだけの価値があるのでしょうか。 NEXT ばかばかしいほどに高価 海外のペットボトルの水を買った事はありますか? 日本の基準とは少し違ったりもするかもしれませんが 世界的に考えた時、非常に高値で水が買われているんです。 次のページで!

雑学

落ち着いて用も足せない!世界中で本当に目撃されたユニークすぎるふざけたトイレ24選

安心して用を足す場所トイレ 誰もがトイレを利用しますが、中にはトイレで長居をしてしまうほどあの狭い空間が好きだという人もいるくらい”落ち着き”がある場所だったりもします。 確かに素の自分をさらけ出せる(出さなければならない)場所として落ち着きや安心感は絶対に必要な場所でしょう。 けれども世界には全く落ち着きのない、むしろトイレで個性を出し過ぎたが故に色んな意味でちょっと騒がしい空間になってしまった場所が多数あります。 中にはどうしてこのセンスだったのかと問いたくて仕方のないものもあります。 そんな個性あふれる世界のトイレを見ていきましょう。 その空間を目の前にした瞬間 思わず「うわぁ…」となってしまうような そんなトイレはたくさんあります。 完全いネタに走っているトイレ大量です。 次のページで!

ランキング

世界中が度肝を抜いたデンジャーブリッジ!お金を貰ってでも渡りたくない世界の恐ろしい橋12選

世界の恐ろしい橋 橋は人々を反対側にたどり着くことができるように建設されており、迅速かつ安全な方法です。 科学技術の発展により、世界には数多くの近代的な橋が建設され、その都市の名物にもなっています。 しかし、すべての橋が安全で最新のものであるとは限りません。 世界には、絶対に渡りたくないと思うほど危険な橋が存在しているのです。 これらの橋を渡ることは、もはや自殺行為と言えるでしょう。 それでは、お金を貰ってでも渡りたくない世界の恐ろしい橋を紹介していきます。 NEXT パキスタンのフサイニ橋 綺麗な山を望む自然の中にあるこの橋ですが その足元は「ここを歩けっていうの?」と疑問にならざるを得ない まったくもって安全という概念を感じない長い橋です。 次のページで!

ランキング

誰に需要があるのかわからない、世界の変わったジャンルに特化したおかしな美術館9選

変な美術館 美術館とは価値ある文化、歴史を展示する場です。 しかし、世界にはさまざまなものを展示する美術館があり、言うまでもなく、変なものも中には含まれています。 NEXT 下手な絵の美術館 もうこのタイトルが物語ることが全てです。 物珍しさに人が集まるのかもしれませんが、 実際その価値がある芸術性があるかと言ったらまた別です。 次のページで!

ランキング

地球上の悪を支配している組織の中でも、巨大で恐ろしい世界のストリートギャング12選

ストリートギャング 年齢がいくつであろうと性別がなんであろうと、ストリートギャングに参加する人は一定数います。 通常、ストリートギャング内の情報を漏らすような密告者はいないため、彼らに関する情報は非常に少ないです。 それでは、世界の巨大なストリートギャングを紹介していきます。 NEXT バリオ・アテカ こちらはアメリカのいくつもの州に何千人ものメンバーがいて 更に他の国とも繋がりのある恐ろしいギャンググループです。 次のページで!

ランキング

人を健康にする『野菜』も時には人を殺めることも!?実際に人の命を奪った事のある野菜10品

健康的な食材として知られる野菜 野菜は非常に素晴らしい食べ物です。 脂肪とカロリーが低く、食物繊維とビタミンが多いため非常に健康的です。 食卓に並ぶ料理のうち4分の1以上を緑黄色野菜にすることで、健康を維持することができると言われています。 しかし、すべての野菜が素晴らしいわけではなりません。 ここでは、人々を死に至らしめた野菜を紹介していきます。 NEXT ズッキーニ まるで害があるようなイメージのないズッキーニ。 でも実はズッキーニだけに限らず ある毒性がある野菜があるんだそうです・・・ 次のページで!

ランキング

年をとってもパワフルな高齢者たちが世界記録を樹立!信じられないような記録を達成した12の人々

世界記録を保持する高齢者 高齢者は余生をゆっくりと過ごすものですが、中には残りの人生を家にいることに費やすことを嫌い、さらなる挑戦をする高齢者がいます。 彼らは自分自身の限界を乗り越えようと努力し、ときにそれが世界記録となることもあるのです。 彼らの年齢のことを考えると、それはすさまじいことです。 それでは、信じられないような世界記録を保持する12人の高齢者を紹介していきます。 NEXT 三浦雄一郎:最高齢でエベレスト登頂した男性 決して健康だとは言えない体を抱えながらエベレストに臨んだ彼。 けれども無事登頂、元々有名だった彼は更に世界に名を知られる事となりました。 次のページで!