2018年7月

ランキング

【衝撃】世間で知られていないマクドナルドに関する秘密12選

バーガーやフライドポテトから、新鮮なサラダやスムージーまで、さまざまなファストフード店が登場しています。 中でもマクドナルドはその代表と言えるでしょう。 もちろん、ハンバーガーやフライドポテトは健康に悪く、中毒性のある食べ物です。 しかし、マクドナルドはその一貫性と親しみやすさで、人々から愛され続けています。 そんな誰もが知っているマクドナルドですが、そこにはさまざまな秘密が隠されています。 それでは、あなたが絶対に知らないマクドナルドに関する12の事実を紹介していきます。 1.毎秒75個以上のハンバーガーを販売している マクドナルドの最大の売り手は、もちろんハンバーガーです。 公式の発表によると、マクドナルドは1つの店舗で、1秒間に75個以上のハンバーガーを作っているのです。 おそらく数百年後には、マクドナルドのハンバーガーの生産方法が美術館に展示されることでしょう。 次のマクドナルドの知られてない話は・・・ マックは大手オモチャ会社よりもオモチャを販売している!? 頻繁に新しいオモチャ出してるよね マックが出すオモチャの話は次のページ♪

ランキング

【驚愕】ナチスが行なった非人道的な恐怖の人体実験12選

ナチスが第二次世界大戦中にユダヤ人虐殺などの恐ろしいことをしてきたのはご存知でしょう。しかし、強制収容所で非人間的で、ときには死に至るような人体実験を行っていたということを知る人はあまりいません。 ここではナチスが行ってきた非人道的で恐怖の人体実験を紹介します。 1.血液凝固実験 医者のシグムンドラッシャーは、強制収容所で血液凝固実験を行っていました。 彼が作ったポリガルという錠剤は出血を止める作用があると期待され、 収容所の受刑者たちに錠剤を飲ませてから銃弾を撃ち込み、その効果を確かめました。 その後、この実験を受けた被験者は、麻酔を一切使用せずに手足を切断することになりました。 次のナチスが行った人体実験は・・・ 凍死状態の人間を生き返す実験!? 酷すぎる・・・ 低体温症の人体実験は次のページ

ランキング

【驚愕】幸運と言っていいのか?雷に打たれたが生き延びた人10選

世界では、毎秒約40〜50回の落雷が起きており、 これは1年間で10億回以上の落雷が起きている換算になります。 生涯で雷に打たれる確率は1万2000人に1人と意外に多い確率ですが、そのうちのなんと90%が生き延びています。 ここでは、そんな雷に打たれながらも生き延びた10人との人たちを紹介していきます。 1.ウィンストン・ケンプ ウィンストン・ケンプが落雷に襲われたとき、彼は何も起こらなかったかのようにそのまま歩き続けていました。 彼は腕に奇妙な痛みを感じるまで、自分が雷に当たったということに気づきませんでした。 その傷は少し焼けるような痛みがしましたが、奇妙で美しいタトゥーのような模様が出来上がりました。 次の雷に打たれて生き延びた人の話は・・・ 雷に打たれたうえに1億円の宝くじを当てた男!? 幸運と言っていいのか・・・ 雷に打たれて宝くじを当てた男の話は次のページ♪

ランキング

【未知】未だに解明されていない動物が行う「謎の行動」9選

科学の発展により、これまで謎だった動物たちの行動や習慣などの秘密が明かされつつあります。 しかし、すべてが解明しているわけではありません。 動物学者たちの頭を悩ませるような秘密は、まだまだ存在しているのです。 それでは、いまだ解明されていない動物の行動について見ていきましょう。 なぜ牛は食べるときに北か南を向くのか 世界中の牛がエサを食べるときに北か南を向いている!? 次のページで!

ランキング

【驚愕】食べ物から人間の体まで!?3Dプリンターで作られた衝撃的なもの10選

ヨハネス・グーテンベルクが15世紀中ごろに活版印刷技術を発明して以来、 印刷技術はますます高度化し、社会を大きく変えてきました。 しかし、立体を印刷できる3Dプリンターの登場によって、私たちの生活はさらなる変化を迎えると考えられています。 それでは、3Dプリンターで作られた衝撃的なものを紹介していきます。 1.メイク メイクはファッション業界、モデル業界、そして女性が、自分たちの美を高めるために重要なものです。 しかし、メイク用品は少量でも高価で、すぐに使い切ってしまいます。 しかし、もうそのような心配はありません。 メイク用品を3Dプリンターを使って家で作ることができるのです。 次の3Dプリンターで作られた衝撃的な物は・・・ 自分に最適な形をした靴をいとも簡単に作れちゃう!? これは凄い助かるわ 3Dプリンターで作れる靴の話は次のページ♪

ランキング

【衝撃】人だけじゃなく動物も持っている奇妙で面白いギネス世界記録12選

人類はその歴史の中で、さまざまな世界記録を築き上げてきました。 偉大なことを成し遂げたとして記録になることもありますが、世界には奇妙なことをして記録になることがあります。 1955年にギネスブックが創刊されて以来、約4万以上の世界記録が記録されてきましたが、そこには数多くの奇妙な世界記録があるのです。 1.ペンギンの格好をして集まった人数世界一 2015年11月12日、ロンドンのカナリー・ワーフという街で、624人もの人たちがペンギンの格好をして集まりました。 このイベントは、病気などで苦しむ子供たちへのチャリティーイベントのイベントとして開催されたもので、250万円の寄付金を集めることができました。 次の奇妙なのギネス記録は・・・ 犬が持ってる奇妙な世界記録!? 飼い主は何でこんな事させたんだ?w 犬が持つ奇妙なギネス記録の詳細は次のページ♪

ランキング

【驚愕】戦争で多くの人間の命を救ってきた英雄と呼ばれる犬10選

戦争で活躍した英雄たちは、自国へ帰るとみなから称賛されます。 しかし、英雄の中にはあまり称賛を受けないものたちがいます。 それは犬です。 ここでは、そんな戦争で活躍した10匹の英雄の犬たちを紹介していきます。 1.スタビー 17回も戦争に参加しアメリカ中に愛された犬 その活躍ぶりに驚きます・・・ 驚きの活躍ぶりは次のページ♪

ランキング

【衝撃】日本では考えられない世界に存在する結婚式の奇妙な習慣11選

結婚式の準備は、ウェディングドレス、ケーキ、招待する人への手紙、会場の手配など多岐にわたっており、大変な作業です。 しかし、世界にはさまざまな結婚式があり、普通の結婚式よりもさらに大変な場合もあるのです。 1.丸太を切る 新婚カップルがウェディングケーキを切るのに対し、ドイツの新婚カップルは、結婚式で一緒に丸太を切るのが通例となっています。 この儀式は、この先2人が共に協力して生活することができるかを示すものなのです。 花嫁衣装でノコギリを握る姿が見られるのは、ここだけでしょう。 次の世界に存在する奇妙な結婚式の習慣は・・・ 花嫁にゴミや汚いものをかける!? そんな理由があっても嫌だな・・・ 花嫁に汚いものを掛ける習慣は次のページ♪

ランキング

【衝撃】医者がかつて行なっていた恐ろしく危険な治療法13選

医療の発展により、かつて致死とされていた病気でも、最新のワクチン、手術、薬によって簡単に治療できるようになりました。 しかし、これらの医療技術は過去50〜60年で可能になったばかりで、それまで医療というものは死ぬか治るかの二者一択でした。 限られた技術と情報の中で、当時の医師たちはとても恐ろしい方法で手術や診断を行なっていたのです。 1.吃音を止めるために舌の一部を切り取る 吃音は言葉がつっかえてしまう病気で、現代ではスピーチセラピストによるサポートが行われています。 しかし18世紀から19世紀の間、医師たちは患者の舌の一部を切除することで症状を治そうとしていたのです。 彼らは舌を切り取ることで、はっきりと話せるようになると信じていましたが、ほとんどの患者が出血多量で死亡しました。 次の医者が行っていた恐ろしい治療法は・・・ 古代の人は頭痛がしたら頭に穴を開けていた!? 頭に穴を開ける治療の詳細は次のページ♪

ランキング

【悲劇】悪ふざけでイタズラしていたら死亡してしまった悲しい人11選

通常いたずらは危険なものではありませんが、ときには無謀ないたずらに挑戦しようとして事故が起きてしまうこともあります。 そして、いたずらしている側からすればただの悪ふざけをしているだけかもしれませんが、いたずらをされる側からすればとても不快に思うことがあり、両者の間でトラブルになることもあります。 それでは、悪ふざけで死亡してしまったいたずら者たちを紹介していきます。 1.YouTubeのいたずら動画に影響された子供 子供たちはすぐに無謀なことや危ないことを真似しようとします。 11歳のアンドレイス・ベースはYouTubeで見たいたずらを真似して死亡しました。 母親と3人の兄弟が、クローゼットでベースが首をつっているのを発見し、救急車を呼びましたがすでに遅かったのです。 母親はその後、親たちは子供が見るコンテンツを常に監視するべきだと述べました。 次の悪ふざけで亡くなってしまった人は・・・ ビッグフットの着ぐるみを着て人を驚かせていた男性 彼が車を驚かせると悲劇が・・・ 車を驚かせた結果は次のページ♪