ランキング

生きるために脳を必要としない生物10選

誰もが生きるために脳を必要としています。しかし、生物の中には脳が無くても生きられるものもおり、彼らは脳を持つ代わりに、身体に直接的に命令を送る神経節と呼ばれる神経細胞があります。しかし驚くべきことに、このリストの生物のほとんどは、その神経節すら持っていません。それでは、脳を必要としない生物たちを紹介していきます。

ランキング

質のいい睡眠を取るためにするべき10のこと

私たちは健康的な睡眠を求めています。しかし、私たちの多くは睡眠時間の確保に苦しみ、昼間は疲れて眠くなってしまいます。毎日適切な時間の睡眠を取らなければ、生活リズムはめちゃめちゃになってしまうでしょう。 すでにひどい睡眠不足に苦しんでいるなら、どのように正常な睡眠時間を取り戻しますか?それに対して信頼できる治療法がありますか?ここではそんなあなたのために、ぐっすり眠るためにするべき10のことを紹介していきます。

ランキング

死ぬ間際に患者がしゃべった奇妙な話10選

人間が人生の中でしゃべる言葉の中で、最初と最後の言葉は特別なものです。赤ちゃんが初めて言葉をしゃべったときは一大イベントですが、死ぬ間際にしゃべった言葉もまた重要です。死に際の言葉は予想不可能なうえ、なにか警告のような意味を含むこともあります。それが痛み止めの結果であろうと、死の直前の精神的な崩壊の結果であろうと、最後の瞬間に人が何を言うか知る方法はありません。しばしば、患者は言葉を発せられない状況にあり、多くの場合、伝言として伝えられます。 医師、看護師、および医療従事者は、最後の瞬間まで患者と接しているので、死ぬ直前まで患者を見るチャンスがあります。中には非常に奇妙で気味の悪い最後の患者の言葉が、彼らに伝えられています。いくつかはユーモアがありますが、他はとても気味が悪く、次に何が彼らのもとに訪れるかを垣間見ることができます。それでは、ここで死に至る前の最後の瞬間に医者や医療従事者が聞いた10の最も奇妙で衝撃的な言葉を紹介していきます。

ランキング

奇形・病気の動物たちを救った愛の物語10選

1.「ロブスターの爪」を持つ猫 2歳のロブスタは、サンフランシスコのジョンとレダ・ビグローによって保健所から引き取られました。 彼は健康問題があるとして放棄されたと判明しました。そのうちの1つは、文字「C」のような変形した足です。 彼は保健所を出る前に、救命手術を受けました。彼は胸骨なしで生まれたので、腸が胸に入ってしまうという問題がありました。ジョンとビグローが家に連れて帰ったとき、ロブスタはまだ回復途中でしたが、厳しい状況で生まれたにもかかわらず、彼は比較的普通の生活を営むことができ、以来インターネットのスターになっています。

ランキング

あなたが知らない猫に関する驚くべき秘密10選

猫は世界中で最も人気なペットの一種です。彼らは非常に知的な動物で、9,500年以上前から人間と関係を持っていました。そして、小型肉食動物ですが非常に熟練したハンターで、1,000種類以上の動物を狩ることが知られています。猫は人生の70%を眠って過ごし、夜間の視力は人間よりも6倍も優れています。それでは、あなたがきっと知らない猫に関する驚くべき10の秘密を紹介していきます。

ランキング

世にも恐ろしい廃墟となったテーマパーク10選

10.オクポ・ランド 韓国にあるオクポ・ランドはアヒルのアトラクションで二人が死亡したことで有名です。その後、パークは1999年の5月に謎の閉園を遂げました。最初の死亡事故は1990年代に起きました。アヒルのアトラクションが突然レールから外れた地面に落下し、幼い女の子が亡くなりました。パークはこの事件の詳細を一切語りませんでしたが、9年後に再び同じアトラクションで死亡事故が起こったのです。幼い女の子が死亡し、その他数名も重傷を負いました。これを最後に、パークは閉園することになったのです。それから14年後、パークは廃墟と化しています。アヒルのアトラクションは事故当時のまま逆さ状態で放置されており、その事件の悲惨さをうかがえます。 9.富士ガリバー王国 日本の有名な自殺の名所である青木ヶ原樹海の近くにテーマパークを作ったのは、良いアイディアだったとは言えないでしょう。このテーマパークは18世紀の小説、ガリバー旅行記から名前を取っており、開園から4年後の2001年に閉園しました。1年に約200人もの人が自殺しているとされている樹海は、多くの観光客が訪れます。また、樹海は心霊現象が多発する場所としても有名です。なので、そんな心霊スポットが近くにあるテーマパークに行きたくないと思うことは普通でしょう。現在パークは廃墟化していますが、中央の44mのガリバー像はそのまま残っています。 8.プリピャット・アミューズメントパーク パーク開園のちょうど5日前に、チェルノブイリ原発事故が近くで起こってしまいました。1986年の4月26日、壊滅的な原発事故がパークを襲ったのです。31人が死亡し、大量の放射線物質があたりに拡散され、50万人を超える被爆者の対応に追われました。パークは事故後に避難勧告を出す前に、短い間だけ開園されました。ほとんどの人が訪れませんでしたが、何人かの科学者たち、ジャーナリスト、そして野次馬のグループがパークへ潜入しました。現在パークはチェルノブイリの悲惨さのシンボルとして残っています。 7.ダディパーク ダディパークはかつてベルギーの有名なテーマパークでした。しかし、ウォータースライダーで幼い男の子の腕が引きちぎれるという事故を受けて、2000年に閉園となりました。経営者のガストン・デューバーは有罪とはなりませんでしたが、人々はパークの安全性について言及し始め、来場者は減少していきました。閉園以来、スプレーアーティストが恐ろしいピエロを壁に描き、アトラクションがさびるのを防止しました。2012年に取り壊しが始まりましたが、パークの一部はそのままになっており、あの事故を起こしたウォータースライダーも残ったままです。 6.ホーリーランド この奇妙なテーマパークは、聖書を元に作られたパークで1960年代から70年代の間、年間4万人が訪れました。しかし、パーク創設者のジョン・グレコが90歳で亡くなったことで、1986年にパークは閉園しました。しばらくの間はキリスト教徒によってパークは維持されていましたが、なぜか首の無いイエス像を含め、パークは崩壊し始めました。2010年、ホーリーランドは10代の子が無残に殺害された現場として報道され、心霊スポットとしての知名度を上げました。3年後、市長のネイル・オレリーが4000万円をパーク保持に努めたキリスト教徒たちに支払い、パークを買い取ったことでパークの再建を望む声が出始めています。 5.タマン・フェスティバル 3年間のみ開園したタマン・フェスティバルテーマパークは、地元の人々によって恐れられています。都市伝説によると、幽霊が住み着いているとされ、誰もそこへ訪れようしません。パークにはクロコダイルの穴というものがあり、パーク経営者は閉園時クロコダイルたちを持ち帰らなかったとされ、侵入者を食べて生き延びているといううわさが出ているのです。パークは廃墟となっていますが、そこには小さな神社がありお香がたかれているそうです。しかし、一体誰がそんなことをしているのでしょうか。それは未解決のままです。 4.ジャズランド ハリケーンカトリーナがニューオーリンズを襲って10年が経ちますが、ある場所は廃墟として残っています。それがジャズランドです。2005年にハリケーンが襲ったことで、パークは水没してしまったのです。パークは1ヶ月間深さ2mまで水没しており、アトラクションはさびてしまい、ピエロの頭は取れてしまいました。パークは現在24時間体制で監視されていますが、洪水と共にやってきた3.6mのクロコダイルの住処になっています。もしも廃墟探索したいのであれば、気を付けてください。 3.ドッグパッチ 1968年に開園して以来、パークは大人気となりアーカンソー州のほとんどの人が遊びに来ました。しかし、このパークを真似てマーブル・フォールズというパークを開園した途端、どちらのパークも1993年に閉園してしまったのです。9年後、ドッグパッチは1億円でオークションにかけられましたが、誰も入札しませんでした。2005年、若者が廃墟となったパークを車で探検しようとしましたが、ワイヤーが2本の木にかかっており、首を切りかけました。裁判でパーク側は負けてしまい、若者にパークの所有権が賠償として渡されたのです。23年間の閉鎖を経て、再オープンのうわさが立っています。 2.レイク・ショーニー・アミューズメントパーク 廃墟となったテーマパークは十分怖いですが、もしそれが呪われていたらどうでしょう。レイク・ショーニーの恐ろしい話は1783年までさかのぼります。ヨーロッパの農家のマイケル・クレイがアメリカ原住民の土地を奪おうとして、戦争が起こりました。アメリカ原住民の3人の子供が殺されたとされており、復讐としてクレイは殺され、土地は農場となりました。それから100年後の1920年代にコンリー・T・スニドーが農場を買い取り、アミューズメントパークを建てたのです。しかし、クレイの呪いはまだそこに残っていました。幼い女の子がブランコで遊んでいるとき、トラックがそこへ突っ込んでいったのです。またほかの子はパーク内のプールで溺死しました。合計で6件の死亡事故が起こり、1966年にパークは閉園しました。 1.リヴァー・カントリー 1976年に開園したリヴァー・カントリーは、ディズニーワールドの最初のウォーターアトラクションです。11歳の子供が珍しい脳を食べるアメーバによって死亡した1980年まで、パークは好評でした。事故が起こったにもかかわらずそのまま営業を続けるディズニーに対し、来園者は怒りを覚えていました。それどころか、パークはその後21年間も開園し続けていたのです。この間に5件もの事後が起こりました。3人の幼い子供が溺死し、一人がアリゲーターに食べられ、33歳の女性が落下事故で死亡しました。これらの事故が原因で、2001年の9月1日に閉園しました。

ランキング

芸術的ラテアーティスト8選

1.キャンビン・リー 韓国人ラテアーティストのキャンビン・リーはクリームアートと呼ばれる技法を使って、ディズニーやE.T.などの映画作品からヴァン・ゴッホなどの芸術作品まで描きます。彼の繊細で美麗な作品は、それがラテであることを忘れるほどです。 さまざまな色を使って技巧を凝らした作品だけでなく、普通の作品も作ります。ただ、確かなことは美しすぎて飲むのがもったいないということです。 バリスタとして10年間働き、ソウルに店を構えるリーはコーヒーは人と人をつなげることができます、と言っています。コーヒーでも思い出に残る芸術品になるのだ、ということを多くの人に知ってほしいと彼は願っています。